実用新案登録は先願主義となっている

実用新案登録出願とは 実用新案を分かりやすく説明すると、これまでにあった物に対して形状や機能などの工夫を加えて新しい価値を生み出すに至ったアイデアのことを指します。
ただし、実用新案登録では特許とは異なり、新しく考え出したアイデアを登録するのではなく形状や機能に工夫を加えたものそのものを登録することになります。
そのため、これまでにはなかったアイデアを思いついたとしても、そのアイデアは実用新案登録はすることができません。
実用新案の登録を行う際に気をつけておきたいのが、登録は先願主義であるということです。
たとえば、複数人が同じ時期によく似たアイデアで似たような形状、機能のものを実用新案登録の申請を行った場合、その申請の手続きを先に出したほうが実用新案として登録されることになるのです。
そのため、新しいアイデアを生み出したとしてもそれを登録する手続きが他の人よりも一日でも遅れてしまったならば、その新しいアイデアの権利は先願した人のものになってしまうのです。

実用新案登録の効力が維持される期間は

実用新案登録とは、これまであったものに対して創意工夫で新しい付加価値を付け加えたときの権利を守るために行われる手続きのことです。
具体例としては、これまでにあった容器にそれを持ちやすいような機能を付け加えたときなどが該当します。
この実用新案登録によって新しく考え出されたアイデアは法律で保護されることになり、第三者が勝手にそのアイデアを流用するといった事態を防ぐことができるようになります。
実用新案登録は一見、特許申請と同じことのように思えますが、実用新案の場合にはきちんとした形のある物品を対象としており、単なる新しいアイデアだけでは実用新案として登録を行うことはできません。
それに対して特許では新しいアイデアに基づいたコンピューターのプログラムなどのその対象となります。
この点が実用新案と特許の大きな違いとなっています。
また、特許の効力は20年間となっているのに対して、実用新案登録ではその効力は10年間といった具合に権利が保護される期間が短くなっている点も大きな違いとなっています。

check

塾を浦和で探す

Last update:2018/8/7